ナビゲーション リンクのスキップトップページ > 大腸カメラ

大腸カメラを受けて、大腸癌の早期発見、予防

近年、大腸がんが増えています。

沖縄県のがんの部位別死亡率(2012年)は女性では大腸が1位、男性では大腸は2位です。

2012年沖縄県がん部位別死亡率(件数)(沖縄県ホームページより)
1位 2位 3位 4位 5位
肺(419件) 大腸(278件) 胃(153件) 肝(148件) 膵(103件)
大腸(185件) 肺(177件) 乳房(106件) 胆のう・胆管(85件) 子宮(80件)
総計 肺(596件) 大腸(463件) 胃(232件) 肝(213件) 膵(179件)

大腸がんは早期発見、早期治療でほとんど治ります。
私ども中部地区医師会検診センターでは、沖縄県の大腸がん死亡率減少を目指して、大腸カメラを行っています。
大腸カメラは日本消化器内視鏡学会専門医が施行します。

大腸カメラを受けたほうがいい人

  1. 便潜血陽性、血便と診断された方
  2. 40才以上の方
  3. 家族に大腸がんを発症された方
  4. 糖尿病の方
検査日:
水曜日と金曜の午後13時30分(予約制)
検査料金:
13,000円(税別)

※1.病変が見つかり組織検査を実施した場合は健康保険の適用となり、自己負担分を追加で窓口にてお支払いただくことになります(目安として3割負担の場合、以下の料金になります

病理1臓器:
3,960円
病理2臓器:
7,470円
病理3臓器:
10,050円

※2.組織検査は希望しないこともできます。

大腸カメラのご質問、ご予約につては下記の電話番号に、下記の時間帯に御連絡下さい。

平日午後13時30分~17時
電話番号 (098)936-8200(代)
中部地区医師会検診センター